教職員の労働及び過剰業務に対する改善施策

政策提言

生徒児童へこまめな対応をする余裕のある労働のため、教職員の働き方を見直し改善を行う。

学校教育現場での問題点は様々ありますが、子どもたちが充分な学校生活を送るうえで、教員の労働環境は直に影響を及ぼします。
少子化により、国も自治体も教育予算を減らしてきている中で、教員ひとりあたりの給与は変わらずに、カリキュラムや学校教育に附帯する作業だけが膨らみ、子どもに向き合う時間もとれないと言います。

やることが一つ減るだけ、担当教員が一人増えるだけでも、先生のストレス値は大きく変わるでしょう。

本当に必要な業務か、教育方針の在り方は適切か、子どもたちの成長によりより環境を作れているかなど、多方面から評価をして、業務改善だけでなく、必要な予算をつけたり、教員の心的サポートを行う機関の設立など、学校任せにしない、施策を学校、行政、保護者、子どもも含め、共に作っていく必要性を感じている。

教員の労働についてわかるリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!